robinです(学生時代からのリアルニックネームです。由来は「がんばれ!ロボコン」)。某配給会社で洋画の買い付けをしています。しばらくBlogはお休みします。


by mcyst
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

男・海・男・海・男:ラッセル・クロウ主演最新作「マスター・アンド・コマンダー」。

b0074127_23301321.jpg


2004年1月25日(日)

前回、満員で入ることのできなかった「マスター・アンド・コマンダー(仏題は原題と同じ:Master and Commander)」、やっと観てきました今日は、大事を取って、上映開始時刻21:50のところ、21:00集合にしたら、

・・・まんまと相方が30分の遅刻。

「今度、君が30分遅刻していいよ。それか、10分ずつ3回遅刻もOK!」だって。・・・そういう問題ではありません・・・。まあ、時間を守らないことで有名な仏人なので、特に驚きも怒りもしませんが。無事に席も取れたし。

ロッテルダム映画祭の疲れもまだ残っているので、相方はかなり眠そうでしたが、まだまだ興奮冷めやらず・・・。現地では無事に北野監督の取材もできた(ちなみに生でご本人に「コマネチ!」を、やって頂いたそうです 爆笑)し、おまけに深作健太監督にもインタビューしたそうです(ただし、「バトル・ロワイヤル2」の試写中にあまりに疲れて寝てしまい、作品未見での取材はかなりきつかったらしい 汗)。

さて、「Master and Commander」。20巻に及ぶ、パトリック・オブライアンのナポレオン戦争を舞台にした冒険小説のあちこちからエピソードを抜き出して、制作された海洋アドヴェンチャー。監督は、「トゥルーマン・ショウ」「いまを生きる」でお馴染みのピーター・ウィアー。ほぼ全編が海のシーンであるこの作品は、「タイタニック」撮影時に使用された20世紀FOXのスタジオで撮影されたそうです。

1805年に偵察のために、航海に出た大英帝国の軍艦サプライズ。この軍艦のカリスマ艦長、ジャック・オーブリーを演じるのは、ダニエル・スペンサーと結婚し、待望の赤ちゃんも誕生して、公私共に絶好調のラッセル・クロウ。彼を中心に、フランスの敵艦アケロンや嵐と戦いながら、軍人及び乗組員たちは男同士の友情を育んでいく。南米ブラジル沿岸から、雪と氷を抜けてチリ南端のホーン岬を通って太平洋側に出て、ガラパゴス諸島(ここで撮影されたのは本作品が初めて)に至るまで、2時間18分、観ている私達も船の旅に出ているかのような気分が味わえます。あまりにリアルなので、相方は、どうしようもないほどの、喉の渇きにおそわれ、私はトイレに行きたくなってしまいました(だって、ずっと水だらけなんだもん・・・)。

ジャック艦長と、ちょっと変わった軍医、ステファン・マチュリン(ポール・ベタニー)の友情を中心に、とにかく、「100%男の世界」。愛だの恋だの、そんな甘っちょろいエピソードは一切なし。前半は、正直、かなりダルい。何度も寝そうになりつつ、後半、ある軍人と乗組員のイザコザをきっかけに、がぜん盛り返し、クライマックスである、フランス軍艦との大砲を用いた、軍艦VS軍艦の戦闘シーンまで、一気に見入ってしまいました。

ちょっとかっぷくがよくなった(役作り?)ラッセル・クロウが、荒々しい乗組員たちと軍人を統率するカリスマ艦長にぴったり。男に尊敬される男として、長髪はちょっとうざいものの、違和感なく観ることができました。劇中で、ジャック艦長と軍医ステファンが、ヴァイオリンとチェロを演奏するシーンが何度かありますが、このために、ラッセル・クロウはヴァイオリンの猛特訓をしたそうです。一応なんちゃってバンド(←失礼)もやっている彼、音楽心はあるとはいえ、忙しい中、ヴァイオリンの特訓をするのは並大抵の努力ではなく、彼のこの作品にかける意気込みを感じさせました。

全米公開2003年11月14日、フランス公開2004年1月7日、そして日本公開は、2004年2月28日の予定。
[PR]
by mcyst | 2004-01-13 23:29 | エンタテインメント