robinです(学生時代からのリアルニックネームです。由来は「がんばれ!ロボコン」)。某配給会社で洋画の買い付けをしています。しばらくBlogはお休みします。


by mcyst
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

エッフェル塔のスノード-ム。

b0074127_20381694.jpg

母が来た時にも便乗しましたが、今回も、ジュネーブからの友人のパリ市内観光に便乗してきました

彼女が来る前から2人でやろう!と、決めていたこと:「エッフェル塔のてっぺんに登る」

と、いうわけで、行ってきました、エッフェル塔!

幸運なことの、我が家の近所からバスで1本でエッフェル塔の真下まで行くことができるのですが、日曜日は、ルートがかわるため、なぜかいちばん近くの停留所にバスが止まらず1つ先まで歩いていって乗ることに。とにかく乗り込んで、途中の景色を楽しみつつ、エッフェル塔に到着。

この寒い中、結構な混雑ぶりで、チケット売り場には長い長い列が・・・。何気に割り込んできた、アジア人女+白人男のカップルを撃退(笑)し、待つことしばし・・・。

19世紀末に、フランス革命100周年を記念して、第三回パリ万国博が行われました。目前にせまる20世紀のハイテクのシンボルとして、鉄の記念碑を建てようと、いくつもの案の中から、ギュスターヴ・エッフェルの設計案が採用されましたが、シックなパリの街並みに、グロテスクな鉄の塊を建てることへの人々からの反発は、予想以上に激しく、工事は一時中断。その後、20年の期限付きという条件で、建設工事は再開される。20年目の1909年に、パリ市議会によって、いったん取り壊し決議がされたものの、パリの世論はすでに風化しており、また相前後して、発明された、無線通信にエッフェル塔が利用価値があることもわかり、1916年にアメリカ大陸との無線通信が成功するや、存続は決定的に。もしも無線がもう少し遅く発明されていたら・・・パリの風景はまた違った顔になっていたかもしれません。

最上階である3階の展望台は、276メートル。途中でエレベーターを1度乗り換えていきます。最上階は、風はものすごいですが、やっぱり景色は最高です。

1階の展望台には、郵便局(年中無休!)があり、ここからハガキを出すと、エッフェル塔がデザインされた特別な消印を押してくれるそうです。郵便局の横にあるお土産ものやさんで、エッフェル塔が入ったスノードームを発見。大・中・小とあり、特に小が、すご~くかわいくて気に入ったのですが、既に入場料で、10.40ユーロも支払っており、その上、お土産まで買ってはちょっと自分を甘やかしすぎだな~と思って、あきらめようと思い、傍らの友達に、「ね、これ、すごくかわいいけど、ちょっと高すぎる(10ユーロ)から買えなくて残念。5ユーロだったら買うけど」と言ったら、「じゃあ私が5ユーロ払ってあげるから買いなさい!」と言って、さっさと件のスノードームを持って、レジに。5ユーロ札を私に握らせる彼女。さすが、イギリス人・・・発想が小粋です!しかも、「私が買ってあげる」ではないところが、いっそう心憎い・・・。ありがたく5ユーロを頂戴し、めでたくスノードームを購入しましたまた、小さいエッフェル塔の置物もこっそり購入。これは後で彼女の荷物の中に忍ばせよう・・・。

エッフェル塔を堪能した後、私の得意な(?)マレ地区へ移動。ここは、日曜日でも営業しているお店が多いので便利なのです。ユダヤ系レストランで軽くランチ。安い・うまい・早いので、いつもたくさんの人でにぎわっています。私はオムレツを、彼女はピザを食べ、満足してショッピングにGO!いつも買い物客でごったがえしているマレ地区ですが、セール時期でもあるので、いつもの1.5倍の人ごみ。時間も限られているので、いくつか彼女の好きそうなお店を選んで案内。中でも、アクセサリー屋さん、Satellite(サテリット)は、彼女も気に入って、結構長居した末、ブレスレットを購入。ここのアクセサリーは繊細なビーズ細工と、特徴のあるチェーンが素敵。お値段もバカ高くはなく、おすすめです(サン・ジェルマン地区にも支店あり)。私も欲しかったのですが、私のお気に入りのシリーズのみ、なぜかセールになっていませんでした・・・。神様の思し召しでしょうか?母も、パリに来た時にここのネックレスとブレスレットを購入しました。

・・・ハッと気がつくともう彼女の電車の時間がせまっている。急いで帰路につく。既に荷物はまとめてあったのですが、なんとバスがなかなか来ない。じりじりして待っていたらやっと来た。と、思ったら今度は、迷惑駐車なので、なかなかすすまない。リヨン駅に到着したのは、電車の発車時刻5分前。すばやくモニターでプラットホームを確認。「13番!」。ホームに走ると、A、B、C・・・とアルファベットのホーム名しかなく、数字が見当たらない。友達はもう大パニック。

「何とかして!早く、早く!」

わ、わ、わ、私に絶叫されても、私も駅員さんじゃないからわからない・・・。とか言っても仕方がないので、近くにいたセキュリティの人に聞くと、隣の建物だ、という。

で、走りました!

他にもジュネーブ行きの国際電車に向かってダッシュしている人がいたので、心強かったです(爆)。なんとか最後尾の車両に乗り込むことに成功!おまけに、別れを惜しむ間さえあって、よかった。こっそり買った、エッフェル塔の置物も、彼女の荷物に「これは、ささやかなプレゼントよ!」と放り込むことができました。次に会えるのはいつかわからないけど、彼女はいつまでも大切にしたい友達のひとりです。

・・・その後、パリの相方と映画を観に行ったのですが、3日間、英語でしゃべりまくっていたからか、仏語が(いつもよりもさらに)変だ、というご指摘をうけました・・・。ぐす。

観光名所情報
Tour Eiffel(エッフェル塔)
メトロ:⑥Bir-Hakeim、⑥⑨Trocadero
RER:C・Champs de Mars Tour Eiffel
休:無休
料金:1階まで3.90、2階まで7.20、3階まで10.40
階段で1及び2階まで3.50(最上階の3階まで階段で行くことはできません)
[PR]
by mcyst | 2004-01-18 20:37 | つれづれ