robinです(学生時代からのリアルニックネームです。由来は「がんばれ!ロボコン」)。某配給会社で洋画の買い付けをしています。しばらくBlogはお休みします。


by mcyst
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:つれづれ( 29 )

お知らせ。

Blogはお休みしておりますが、リクエストが多いので、フランス時代の記事の一部を再度公開いたします☆
[PR]
by mcyst | 2009-02-01 19:26 | つれづれ

フランス人と日曜大工。

b0074127_2044268.jpg

フランスで生活をスタートさせると、イヤでも日曜大工(ブリコラージュ)を体験することになります。壁紙がはがれていた、タイルが割れていた、などは日常茶飯事。新居に引っ越してまずやらなければいけないのは、掃除と壁紙の張替えか壁の塗り替え。日本のように、新しい人が入る前に、業者に頼んでお掃除・・・なんて発想は皆無。しかも前の住人は、た~っぷりと汚して去って行ってくれるので、お掃除好きな「フレンズ」のモニカみたいな人なら、ワクワクしちゃうほどの汚れが・・・。

また住みながらも、自分の好きなように、あちこち改装する人が多く(借家の場合、もちろん家主の許可は必要ですが)、私の隣に住むマダムも、そんなDIY好きなフランス人のごたぶんにもれず、トントンカンカン忙しい。っていうか、はっきり言って、

うるさいです(苦笑)。

昨日で試験も終了したので、今日は久しぶりに朝寝坊・・・とヌクヌクとしていたら、いきなり耳をつんざくような、キュイイイイイイイインという電気ドリルの音が!!頭に穴でも開けられるのかと思った・・・。

フランスでは、午前8時~午後10時の間は、「音を出してもいい」ことになっていて、逆に午後10時以降に騒音を出すと、警察を呼ばれます。私のお隣はこの時間内の常識的な範囲で作業をされているので、別に問題はないのですが、お隣と私の部屋が渡り廊下でつながっているので、廊下を何度も、多分お手伝いに来ていると思われるお友達がドタドタと通られると、ちょっと落ち着かない・・・。

日曜大工のための、大型店や専門店も数多くあり、「これはいったいなにに使うのか?」と頭を悩ませる専門的な器具や部品が、所狭しと並んでいます。

配電盤も自分で開けられなかった私には縁がない場所でございます(笑)。

写真は自宅の玄関ホールに続く中庭です。秋に撮ったものなので、紅葉がきれい☆
[PR]
by mcyst | 2004-01-22 20:43 | つれづれ
b0074127_204314100.jpg

今日で、ついに試験が全部終了しました!結果は、2月12日に発送されるとのこと。まあ、この際は、結果は・・・どうでも・・・ね。

これまでに勉強した8つの文学作品のうちのひとつについて、ストーリーを説明し、教授からの質問に答える、という形式の試験だったのですが、この8つの作品のうちどれにあたるかがわからない(直前にカードをひく)ので、戦々恐々としていたのですが、運良く、一番力を入れて勉強をした、モリエールの「守銭奴」があたり、ホッとしました。ロベスピエールとかモンテスキューがあたったら、窓から逃げようと思ってました(爆)。

その後、クラスメートと、せっかくなのでお茶をしようということになり、奇しくも全員同じ6区のサン・ジェルマン地区に住んでいるので、マカロンで有名な、Laduree(ラデュレ)に行きました普段は、こんな高級サロン・ド・テにはめったに行かないのですが、今日は、試験の最終日だし、ちょっと贅沢。ショーウィンドウに飾られた金色のマカロン・ツリーが素敵。

いろいろ迷った挙句、フランボワーズと薔薇の花びらのソルベに決定。見事に盛られた2種のソルベには、生のフランボワーズとライチがあしらわれ、甘さ控えめの生クリームがたっぷり。サービスもよく、また今日は比較的すいていたので、ゆっくりできました。マドレーヌの本店や、シャンゼリゼのお店に比べると、意外と奥まったところにあるので、穴場かもしれません。

サロン・ド・テ情報
Laduree(ラデュレ)
21 rue bonaparte, 75006, Paris
tel: 01.44.07.64.87
URL: www.laduree.fr
[PR]
by mcyst | 2004-01-21 20:47 | つれづれ

One down, two to go

b0074127_20413571.jpg

今日は珍しく相方が、我が家にやって来ました南仏時代は、よく彼の家で集まっていたのですが、パリに引っ越してきてから、家が遠くなったため、家で会うことはほとんどなく、大抵は映画館の中で話すか、映画が終わって別れる駅の構内で立ち話・・・。

実は、彼、1月21日からオランダで開催されるロッテルダム映画祭で、あの北野武監督にインタビューすることが決まっているのです!北野監督のヨーロッパでの広報担当者の方にすっかり気に入られたようで、全てお膳立ては整い、あとは、21日に電車のストがないことを祈るばかり(笑)。一緒に行くつもりだったのですが、私はあいにく、最終試験にバッチリぶつかってしまうため、断念。お土産話を楽しみにしているよ!

で、今日は、取材時に聞く質問の最終調整と、北野監督へのプレゼント(1月18日が監督のお誕生日なのです)に添える手紙の邦訳のために、我が家に集まった、というわけです。

手紙を訳してあげて、なるべく丁寧に、大きく日本語で書き、それをお手本に彼が一生懸命日本語でお手紙を書きました(めっちゃ時間をかけたおかげで、仕上がりは上々そこらの男子よりもうまいかも)。最初は、自分で書くのを渋っていた彼ですが、説得して書かせました。だって、あきらかに日本人に書いてもらったとわかる手紙よりも、ちょっとバランスがおかしくても(書き順を無視して書いているのでどうしてもバランスが崩れる)、本人が一生懸命書いた手紙の方が、監督もきっと喜ぶと思ったので。

彼に、ヒューズが飛んだままでしかも暖房機も壊れちゃったと、いうと、やおら配電盤を調べ始め、あっと言う間に配電盤をあけてくれました。私があんなにいろいろ試してもあかなかったのに・・・。予備のヒューズが家になかったので、買いに行くことに。あちこち行ってやっと発見。取り替えてことなきを得ました!ありがとー。これで、One down, two to go!です。Two=暖房機の修理&最終試験。

写真は、相方に苦笑された私のラップトップ。壁紙&スクリーンセーバー(オッチさんに教えて頂いたペプシのサイトからゲットしました。ありがとー!)、ベッカム様仕様です!
[PR]
by mcyst | 2004-01-20 20:40 | つれづれ
b0074127_20381694.jpg

母が来た時にも便乗しましたが、今回も、ジュネーブからの友人のパリ市内観光に便乗してきました

彼女が来る前から2人でやろう!と、決めていたこと:「エッフェル塔のてっぺんに登る」

と、いうわけで、行ってきました、エッフェル塔!

幸運なことの、我が家の近所からバスで1本でエッフェル塔の真下まで行くことができるのですが、日曜日は、ルートがかわるため、なぜかいちばん近くの停留所にバスが止まらず1つ先まで歩いていって乗ることに。とにかく乗り込んで、途中の景色を楽しみつつ、エッフェル塔に到着。

この寒い中、結構な混雑ぶりで、チケット売り場には長い長い列が・・・。何気に割り込んできた、アジア人女+白人男のカップルを撃退(笑)し、待つことしばし・・・。

19世紀末に、フランス革命100周年を記念して、第三回パリ万国博が行われました。目前にせまる20世紀のハイテクのシンボルとして、鉄の記念碑を建てようと、いくつもの案の中から、ギュスターヴ・エッフェルの設計案が採用されましたが、シックなパリの街並みに、グロテスクな鉄の塊を建てることへの人々からの反発は、予想以上に激しく、工事は一時中断。その後、20年の期限付きという条件で、建設工事は再開される。20年目の1909年に、パリ市議会によって、いったん取り壊し決議がされたものの、パリの世論はすでに風化しており、また相前後して、発明された、無線通信にエッフェル塔が利用価値があることもわかり、1916年にアメリカ大陸との無線通信が成功するや、存続は決定的に。もしも無線がもう少し遅く発明されていたら・・・パリの風景はまた違った顔になっていたかもしれません。

最上階である3階の展望台は、276メートル。途中でエレベーターを1度乗り換えていきます。最上階は、風はものすごいですが、やっぱり景色は最高です。

1階の展望台には、郵便局(年中無休!)があり、ここからハガキを出すと、エッフェル塔がデザインされた特別な消印を押してくれるそうです。郵便局の横にあるお土産ものやさんで、エッフェル塔が入ったスノードームを発見。大・中・小とあり、特に小が、すご~くかわいくて気に入ったのですが、既に入場料で、10.40ユーロも支払っており、その上、お土産まで買ってはちょっと自分を甘やかしすぎだな~と思って、あきらめようと思い、傍らの友達に、「ね、これ、すごくかわいいけど、ちょっと高すぎる(10ユーロ)から買えなくて残念。5ユーロだったら買うけど」と言ったら、「じゃあ私が5ユーロ払ってあげるから買いなさい!」と言って、さっさと件のスノードームを持って、レジに。5ユーロ札を私に握らせる彼女。さすが、イギリス人・・・発想が小粋です!しかも、「私が買ってあげる」ではないところが、いっそう心憎い・・・。ありがたく5ユーロを頂戴し、めでたくスノードームを購入しましたまた、小さいエッフェル塔の置物もこっそり購入。これは後で彼女の荷物の中に忍ばせよう・・・。

エッフェル塔を堪能した後、私の得意な(?)マレ地区へ移動。ここは、日曜日でも営業しているお店が多いので便利なのです。ユダヤ系レストランで軽くランチ。安い・うまい・早いので、いつもたくさんの人でにぎわっています。私はオムレツを、彼女はピザを食べ、満足してショッピングにGO!いつも買い物客でごったがえしているマレ地区ですが、セール時期でもあるので、いつもの1.5倍の人ごみ。時間も限られているので、いくつか彼女の好きそうなお店を選んで案内。中でも、アクセサリー屋さん、Satellite(サテリット)は、彼女も気に入って、結構長居した末、ブレスレットを購入。ここのアクセサリーは繊細なビーズ細工と、特徴のあるチェーンが素敵。お値段もバカ高くはなく、おすすめです(サン・ジェルマン地区にも支店あり)。私も欲しかったのですが、私のお気に入りのシリーズのみ、なぜかセールになっていませんでした・・・。神様の思し召しでしょうか?母も、パリに来た時にここのネックレスとブレスレットを購入しました。

・・・ハッと気がつくともう彼女の電車の時間がせまっている。急いで帰路につく。既に荷物はまとめてあったのですが、なんとバスがなかなか来ない。じりじりして待っていたらやっと来た。と、思ったら今度は、迷惑駐車なので、なかなかすすまない。リヨン駅に到着したのは、電車の発車時刻5分前。すばやくモニターでプラットホームを確認。「13番!」。ホームに走ると、A、B、C・・・とアルファベットのホーム名しかなく、数字が見当たらない。友達はもう大パニック。

「何とかして!早く、早く!」

わ、わ、わ、私に絶叫されても、私も駅員さんじゃないからわからない・・・。とか言っても仕方がないので、近くにいたセキュリティの人に聞くと、隣の建物だ、という。

で、走りました!

他にもジュネーブ行きの国際電車に向かってダッシュしている人がいたので、心強かったです(爆)。なんとか最後尾の車両に乗り込むことに成功!おまけに、別れを惜しむ間さえあって、よかった。こっそり買った、エッフェル塔の置物も、彼女の荷物に「これは、ささやかなプレゼントよ!」と放り込むことができました。次に会えるのはいつかわからないけど、彼女はいつまでも大切にしたい友達のひとりです。

・・・その後、パリの相方と映画を観に行ったのですが、3日間、英語でしゃべりまくっていたからか、仏語が(いつもよりもさらに)変だ、というご指摘をうけました・・・。ぐす。

観光名所情報
Tour Eiffel(エッフェル塔)
メトロ:⑥Bir-Hakeim、⑥⑨Trocadero
RER:C・Champs de Mars Tour Eiffel
休:無休
料金:1階まで3.90、2階まで7.20、3階まで10.40
階段で1及び2階まで3.50(最上階の3階まで階段で行くことはできません)
[PR]
by mcyst | 2004-01-18 20:37 | つれづれ

ついに最終試験。

b0074127_20364058.jpg

ジュネーブから友達が来ているのに、あろうことか、今日は、最終試験の1日目。でもせっかくなので、友達と、近所のカフェで朝食を取ることに。クロワッサンがもう1個しかない、とのことだったので、私はタルティーヌ(横半分に切ったバゲットにバターとジャムを塗ったもの)にすることに。おおきな白い犬が、おこぼれを頂戴しようと、のっそりのっそり各テーブルをまわってました(笑)。飲食店内に犬・・・。日本では衛生的にちょっと無理ですが、フランスでは日常的に見る光景です。衛生面は・・・考えますまい。

お買い物(まだセール時期が続いているのでお買い物には最適!)に出かける彼女を見送り、私は自宅で、試験の最後のあがき(笑)。

ソルボンヌの最終試験は、なんと、普段の校舎ではなく、試験用に特別に建てられた、その名も、Maison des Examens(=試験の建物)で行われます。パリの郊外にあるため、メトロではなく、RER(高速郊外鉄道)に乗る。試験会場に向かう学生で電車は大混雑。帰りはもっとすごいなーと憂鬱になりました。

ソルボンヌは、フランスのほかの学校に比べると飛びぬけて、きちんとしている方ですが、それでも、日本と比べるとイマイチ。たとえば、口述筆記試験があるのに、マイクが壊れているとか、見張り役の先生たちが、試験中に、先生同士でず~っとヒソヒソおしゃべりをしていて、うるさくて集中できない(たまりかねて注意しました)とか、いや、もうそれはいろいろ・・・。

人間的、といえば、聞こえがいいですけどね。

なんとか試験も終わり、友達と近所のイタリアンレストランに行く。サン・ジェルマン地区にあるこのレストランは、味もよく、お値段もお手頃なのでおすすめです。働いている人たちは、ほぼ全員がイタリア人、来るお客さんも大半がイタリア人のようで、フランスにいながらまるでイタリアにいるような陽気な雰囲気が楽しめます。またサービスも気が利いていて、ピザとパスタを1品ずつオーダーする際に、「2人でシェアする」と言ったら、最初から2つにわけて持ってきてくれました。デザートも美味!なので、どんなにお腹がいっぱいでも絶対に外せません。
私たちは、ちょっと早めの8時ちょい前(フランスのディナーはだいたい9時頃からスタート)に行ったので、予約なしの飛び込みで入れましたが、予約を入れた方が無難かもしれません。ギャルソンの中に、オペラ歌手をしている人がいて、たまに興がのると、生ギター(これもお店の人)にあわせて歌いだし、お客さまも参加しての大合唱になり、とっても楽しいです。

レストラン情報
Villa Medici da Napoli
11 bis, rue saint Placide, 75006, Paris
Tel: 01.42.22.51.96
URL: www.villa-medici.com
営: 11:30 - 14:30, 19:00 - 23:00
休: 日
[PR]
by mcyst | 2004-01-17 20:37 | つれづれ
b0074127_2035559.jpg

ジュネーブ在住のイギリス人の友達が、週末を利用して遊びに来ました

彼女は、WHO(世界保健機構)で働く、マラリアの研究者。タンザニアに4年間、研究のため駐在していたので、スワヒリ語を話すことができます。またアフリカに戻りたい、と現在、ウガンダかエチオピアでの職を探しているそうです。

と、私とは全く異なるバックグラウンドの彼女ですが、なんとひとつ、共通点が。

それは、私達は、年度は違うけど、イギリスの同じ大学を卒業しているのでした!

どうりで気が合うと思ったーと、判明した時は、めちゃめちゃ笑いました。

ジュネーブからの国際列車は、約3時間でパリのリヨン駅に到着。夏以来の久々の再会を喜び合い、バスで我が家へ。残念ながら、私は明日、テストがあるため、一緒に出かけることができないので、近所のイタリアン・ジェラートのお店に行って、ジェラートをたべながら、お買い物や観光のおすすめスポットを教えつつ、近況を報告しあう。WHOは、とんでもなく保守的でいいかげんなところで、早く辞めたいと思っていて、ちょっとよさそうなポストが、アイルランドの研究所にあるけれど、やっぱり心はアフリカなのよね・・・と活き活きと語る彼女の眼を見て、私も元気をもらいました。この元気を糧に、明日の試験を乗り切ろうと、早めに帰って、試験準備に励みました(笑)。横で彼女は、私がむか~しに買った、UKのゴシップ雑誌「OK!」を読んで、くすくす笑ってましたが。

写真は、自宅シリーズ第二弾です。バルコニーのあるのが我が家です。
[PR]
by mcyst | 2004-01-16 20:34 | つれづれ

一難去ってまた一難。

b0074127_2328346.jpg

先週、あっさり却下された、私の滞在許可証の更新&住所変更、今朝、無事に終了しましたしかし、フランスの役人、ほんっと~に、態度悪いです、怖いです、適当です!家主である友達のお父さんの多大なる協力を得て、万全の準備でのぞんだので、絶対に大丈夫だと思ってはいましたが、何が起こるかわからないワンダーランド的な役所なので、無事に済んで、ホッとしました。

が、一難去ってまた一難(爆)。

外が暖かいため、先週から暖房がとまっている(全館一斉のセントラルヒーティングなので自分だけ点けることができない)のですが、日当たりの悪い我が家は寒いため、時々温風器をつけています。で、さっき、温風器をつけたまま、電気スタンドをつけたら、バチっと音がして、ヒューズが飛んでしまいました(泣)。配電盤をどうやってあけたらいいのかわからないので、また友達のお父さんにご登場願うことになりそうです・・・。トホホ。おかげで、今まで知らなかった「ヒューズ」と「配電盤」という単語を覚えました。転んでもただでは起きない!そういえば前の家では、「配管」という単語を覚えました(笑)。

しかし、気持ちが悪いほど、暖かいです、最近のパリ。今日は生暖かい強風が吹いていて、飛ばされそうになりました。夏の酷暑といい、異常気象はまだ続いているようです。


今週水曜日からは、待望の「ラスト・サムライ」がフランスで公開になります日本で一度観ましたが、フランス人の反応を観たいので、相方ともう一度観てきます。先週の金曜日の、パリ特別先行試写会に、トム・クルーズが来ていました(ペネロペも一緒)。渡辺謙様に来て欲しかったなぁ。ロンドンのイベントにもトムさんひとり(+ペネロペ)で出席してましたが、むむ~、謙様にも行って欲しかった・・・。

写真は、初公開の我が家です。
[PR]
by mcyst | 2004-01-12 23:27 | つれづれ

熱唱!Robbie Williams。

b0074127_0494392.jpg相方にもらった、「Robbie Williams Live at Knebworth:What we did last summer」のDVDを観ながら、「アリーMyラブ」のアリー状態で、でっかい声で歌って踊っていたら・・・

・・・たまたま渡り廊下を通りかかった、隣のマダムに爆笑されてしまいました(汗)。は、は、恥ずかしい・・・。

音楽にはじぇんじぇん興味のない私ですが、Robbieだけはなぜか好きで、自らすすんでCDを買ったり聴いたりしています。あの、おサルのような風貌と生意気な口調も大好きで、あ~、一度でいいから本物に会ってみたい・・・。

このDVDは、2003年8月に、UKのネブワースで行われたRobbieの3日間にわたるライヴを記録したもの。3日間でなんと37万人という人数を集めたという脅威のライヴ。こんなにもたくさんの人を魅了し続けるRobbie。現在は、頂点を極めて、もはや行く場所がないと悩んでいるようです。アメリカ進出もささやかれていますが、行かなくていいんじゃないかな・・・。

私の周りには、Robbie否定派が多く、いつもコテンパンにやられちゃいます(泣)。いいじゃん、私とRobbieをそっとしておいてください・・・。
[PR]
by mcyst | 2004-01-09 00:49 | つれづれ
b0074127_2365888.jpg

行ってきました、パリの役所。目的は、滞在許可証の更新&住所変更。9月に住所変更をしに行った時に、見事玉砕した(なので、滞在許可書の上ではまだ私は南仏の住民 汗)ので、絶対一回じゃ無理だろうな、でもひょっとして!なんて淡い希望は無残にも打ち砕かれ、また来週出直すことに。本当は、2日間以内に出直さなければいけないらしいのですが、いろいろ言ったら来週まで延びた。

・・・この辺のフレキシブルさが逆にいけない気が(汗)。

フランス人は知らない人同士は結構親切(例:ドアは必ず後ろの人のために押さえておく、メトロの座席は譲り合う、お年よりは大切に、重い荷物は男性がほぼ必ず助けてくれる)ですが、役所・銀行・郵便局は、も~~~~~、血管ぶち切れまくりです。お店やレストランなんかも、世間で言われている&思われているほど、愛想は悪くないのですが、たまに、すんごい人に遭遇すると、「この人の笑顔が見たい!」とあの手この手で、笑顔引き出し大作戦を決行。成功したら、心の中で小さくガッツポーズ!


asakoさん、大正解です!
イタリア>UK>フランス

わたし的にもう少し細かく言うと
イタリア=スウェーデン>UK>スペイン>フランス=ドイツです。

はてこれは何の公式?


写真は、水の都ヴェネチアです。去年、ゴンドラに乗ってしまった・・・。恥ずかしい・・・。
[PR]
by mcyst | 2004-01-07 23:06 | つれづれ