robinです(学生時代からのリアルニックネームです。由来は「がんばれ!ロボコン」)。某配給会社で洋画の買い付けをしています。しばらくBlogはお休みします。


by mcyst
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ:グルメ( 4 )

ショコラな日。

b0074127_22583299.jpg

ママンとおしゃべりしながら、ついつい食べてしまった、LindtのPetits Dessertsシリーズ「マカロン」。
フランスからのお土産(スイスチョコだけど、細かいことは言いっこなし)として、誰かにあげようと思っていたのに。

今日したことと言えば、これだけ(笑)。
[PR]
by mcyst | 2004-01-02 22:57 | グルメ
b0074127_2252445.jpg

午前中、髪を切りに行った後、前の会社の同僚と会いました髪の毛は、いつも一時帰国の度に切りに行ってます。フランス人に切ってもらったらとんでもないことになりそうなので・・・。今回、帰国の予定ではなかったので、「ついに仏人美容師と対決?」とひそかに覚悟を決めていたのですが、対決を免れホッとしました。

私の予定に合わせて自由が丘まで来てくれた友達。一時帰国の時は必ず会う人の中のひとりです。同じ会社にいた頃は、気に入らないことは何でもバンバン言い合う仲だったので、「仲がいいのか悪いのかわからない・・・」と周りの人を悩ませていました。

仲良しです、はい。

カフェ開拓をしていたので、毎回お気に入りのカフェに行くのが定番だったのですが、今回の私には「ミッション・モスバーガー」があったため、有無を言わさずモスバーガーへGO!付き合ってくれてありがとね。ちょうどあと15分でうわさの匠味バーガー販売します!とのことだったので、これ幸いと15分待って「匠味バーガー整理券」の1番・2番をゲット。お値段は少々はりますが、おいしゅうございました!フランスには、ベルギー生まれのヨーロッパ版マック「クイック」というのがあり(お値段は本家よりもお安いです)、最近、「あ~、クイック食べたいなぁ」と思っていたところなので、大満足です。もちろん、モスバーガーの方が数倍おいしいですが。

その後、カフェ好きな私たちは、パンヤ・デ・プレの隣にある、カフェ・キャバノンに移動。本日のクレープ(栗)がおいしかった!ここは静かで、テーブルの間もゆったりとしているので、女の子同士でヒソヒソおしゃべりをしたい時には最適です。

でも、中国茶(鳥龍茶)を、調子にのって何杯も頂いたら、「お茶酔い」したらしく、ちょっと具合が悪くなってしまいました(そういうことってありますわよねぇ、meifonさん・・・)。パリ→東京の長旅の疲れが、ここにきて出たのでしょうか?要注意です・・・。ぐす。
[PR]
by mcyst | 2003-12-29 22:50 | グルメ

初潜入!Jean-Paul Hevin。

実は家の近所に、かの有名なジャン=ポール・エヴァンのお店があるのですが、今まで買ったことはおろか、中に入ったことすらありませんでした。 Tuileriesのサントノレ店には、夏に友達がパリに遊びに来た時に、一度入ったことがありますが、なんだかあまり感じがよくなく、それ以来、こういった高級チョコレート屋さんにはなんとなく足を踏み入れていませんでした。

が、せっかく母も来ているし、いいチャンスなので、とりあえず中に入ってみることに。

入った瞬間にふわ~っと広がるチョコレートのいい香り。この、Vavinのお店は、奥に細長いTuileriesのお店とは違って、四角いつくりなので、見やすく、前回のような気詰まりな感じはしません。また常時2~3人ほどいらっしゃる店員さん(そんなに大混雑!になるとは思えないので、なんでこんなにいるんだろうか?という疑問はおいておいて)も、感じがよく、おまけに日本人の店員さん(マカロンで有名な某ラ○ュレとは正反対で、とっても感じがいい方です)もいらっしゃるので、お買い物がしやすいです。

今日もお客様は誰もいなくて私達だけ。仏人の店員さんが笑顔で「ボンジュール。何かあったら声をかけてくださいね」と言ってくれる。おお、某ラ○ュレとは・・・って以下略。日本人の店員さんも出てきて「お決まりでしたらどうぞ」とニッコリ。

まずは母の東京の仏語友達2人に、小さな詰め合わせボックスを購入。小さなチョコが6個入って、6ユーロ。っつーことは、1個1ユーロね・・・と隣でつぶやく私。お土産なんだから野暮なことは言いなさんな!と母に言われました(汗)。それに、オレンジピールならぬグレープフルーツピールを1袋。オレンジはよくありますが、グレープフルーツは初めて。おいしそう!そのほかに、ナッツがのった平べったいチョコの詰め合わせを1つ。そして、待望のケーキ!いろいろあって迷いましたが、店員さんにも聞いて、一番オーソドックスな、どっしりとしたチョコレートの味が堪能できるものを1つ購入。とても1人で1つは食べられないので、母がいて分けっこできるので良かった

またこのジャン=ポール・エヴァンの向かいには、と~~~~ってもおいしいイタリアンジェラートのお店があるので、おすすめです!と、いいながら店名がわからなくてすみません・・・。とにかく、フレッシュで、一番小さなカップを頼んでも、これでもかっとばかりにぎゅうぎゅういれてくれるので、かなり食べでがあります。小学生割引みたいのがあるらしく、夏には、よく学校帰りのお子様が、1.5ユーロを握りしめて、小さなシングルコーンを買い食いしてらっしゃいました。

と、いうわけで、パリで高級チョコレート購入を考えていらっしゃる方は、ジャン=ポール・エヴァンのこちらの支店をおすすめいたします(向かいのアイスクリーム屋さんもお忘れなく!)。

お店情報
Jean-Paul Hevin
メトロ:4、Vavin駅徒歩3分
3 rue Vavin 75006 Paris
電話:01 43 54 09 85
営: 10~19
休:日曜、祭日
b0074127_14585354.jpg

[PR]
by mcyst | 2003-12-11 14:57 | グルメ
11月22日の日記で、「アルマーニのカフェのショコラ」について触れたのですが、今日、授業の前に母&同級生と一緒に行ってみました。

お店の外に、メニューがさりげなく貼ってあったのでまず、これをチェック。パスタが30ユーロ?じょ~だんでしょ~~~~~。気を取り直して、店内へ。目の前の階段を上がって奥に進む。右手には雑誌や新聞が置いてあり、これは好きなものを選んで店内に持っていって読んでいいみたい。

アルマーニと思われるスーツを着たギャルソン(と、言うのがはばかられるほど格好いい)が「ボンジュール、ご予約は?」

・・・予約??

私「・・・予約してないんですけど」
彼「オ~、マダム、残念ですが、予約なしでは今の時間は、すぐにお席を用意することができません。1時間後に予約をお取りしましょうか?」

しまった、人気カフェにお昼時にしかもショコラだけを飲みに予約なしで来ようなんて、めちゃめちゃ甘かった!!!

私「ん~、時間がないので、また今度にします」
彼「では、次回は予約をしていらしてくださいね。予約の電話が出来るように、店のカードを差し上げましょうか?」
私「(内心ではいらね~と思いつつ)はい、お願いします・・・」

頂いたカードにはなぜかご丁寧にも手書きで、彼の名前(OLIVIER)と書いてあった。オリヴィエ君、ありがとう。でも、電話することは・・・ないかも(笑)。

以上のやり取りの合間に、店内を見回しましたが、感想は、「東京みたい」。確かにお洒落かもしれないし、ショコラだけではなく料理もおいしいのかもしれない。でも、こういうカフェって東京だったら、青山・広尾・恵比寿・麻布十番・白金台にいっくらでもあるし、わざわざパリでこういう近代的で無機質なカフェに来なくてもいいかも、と思いました。むしろ普通のカフェの方が、フランスらしさを満喫できると思います。

・・・って負け惜しみじゃないよっ。

難民となった私たちは結局、今日もCafde de Floreに行ってしまいました。2階の席でゆったりと座れたし、母にもここのショコラは飲んでもらいたかったので、いいとしました。

カフェ情報
Emporio Armani Cafe
149, bd St-Germain, 75006 Paris
Tel: 01.45.48.62.15


写真はアルマーニのカフェや、Cafe de Floreのあるサンジェルマン大通り。最近はライトアップされていてとても綺麗です。
b0074127_1454429.jpg

[PR]
by mcyst | 2003-12-08 14:52 | グルメ